交通手段を変えるMaaS(マース)とは?

アディッシュプラスでは、MaaSに特化したカスタマーサポートサービスを提供しています。そこで今回は、そもそもMaaSとはどいういうことなのか、人の移動にどのように影響するのかを解説します。

MaaS(マース)とは

「Mobility as a Service」を略し、通称「MaaS(マース)」と呼ばれています。MaaSとはICTやAI(情報通信技術)を活用して複数の公共交通機関での移動をシームレスにつなぐ仕組みのことです。

旅行者や地域住民が複数の交通手段を利用でき支払いをアプリなどで一本化することで、都市では利便性が高くなり交通手段が少ない地域での対策になると期待されています。

MaaS(マース)イメージ図:各交通機関が1つのサービスとして連携し決済・予約・検索を一本化する

 

>>参考:国土交通省日本版MaaSの推進 

 

ラストワンマイルをつなぐ

MaaSでのラストワンマイルとは、最寄りの駅(電車やバス停などを含む)から自宅や目的地までの道のりを示します。

交通が不便な地域での、徒歩では遠い距離(ラストワンマイル)をつなぐMaaSが期待されており、実証実験を重ね下記の様な多くのサービスが増えてきています。

  • カーシェアリング
  • 配車サービス
  • 電動キックボード
  • シェアサイクル(自転車)
  • 大手鉄道会社による統合サービス

など

 

はじまりはフィンランド「Whim社」

フィンランドのMaaS Global社が開発したスマートフォンアプリ「Whim」がMaaSをけん引しました。

同アプリでは、月定額プラン「Whim Unlimited」が提供されており、ヘルシンキ内の鉄道やバスといった公共交通機関が利用し放題で、加えてタクシーやレンタカー、シェアサイクルも利用可能というサービスです。

アプリ「Whim」では、全ての交通手段を横断的に利用した経路が紹介され、予約も可能です。
なぜ?フィンランドでスタートしたのかというと、フィンランドは自国の自動車メーカーが無く、マイカーを購入する場合は全て輸入品となってしまうため、国がMaaS事業を支援し押し進めたことで、フィンランドがMaaS先進国へと成長しました。

>>参考:Whimジャパン

 

MaaS実現には5段階のレベル分けがされています

Webサイトやスマホが普及し、移動経路をアプリで検索できるようになり便利になったため、経路検索イコールMaaSと思う方が日本では多いようですが、全てのレベルを網羅するにはまだこれからの様です。

 

・MaaSの5段階の「レベル」について

スウェーデンのチャルマース工科大学の研究者により、5段階設定されました。

レベル0

統合なしの状態で、移動媒体がそれぞれ独自にサービス提供している。現在の交通システムの状態。

レベル1
情報の統合

料金・ダイヤ・所要時間・予約状況などといった、移動に関する一定の情報が統合、アプリやWEBサイトなどによって利用者へ提供されている段階。

レベル2
予約・決済の統合

目的地までに利用する交通機関を、スマホアプリなどによって一括比較でき、予約・発券・決済をワンストップで可能になる段階。

レベル3
サービス提供の統合

事業者の連携が進み、どの交通機関を選択しても目的地までの料金が統一されたり、定額乗り放題サービスができたりするプラットフォームなどが、整備される段階。

レベル4
政策の統合

事業者レベルを超え、地方自治体や国が都市計画・政策へMaaSの概念を組み込み、連動・協調して推進する最終段階。

>>参考:国土交通政策研究所報_ PRI Review 30年度一覧
MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)について

 

アディッシュプラスのMaasサポート事業

アディッシュプラスは経路検索サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所とともにMaaS領域のカスタマーサポートを提供しています。

>>参考:ヴァル研究所

MaaSプラットフォームの構築やサービスの連携が進んでいますが、サービスを利用するユーザーサポートの体制も考える必要があります。個々の交通機関やサービスのサポート窓口があったとしても、ユーザーにとっては一本化されているサービスなので、そのMaaSを網羅した専用窓口は必要です。

イメージ図:そのMaaSに加盟している交通機関の個々のカスターサポートセンターがあったとしてもユーザーには1本化されたサービスなので総合の窓口が必要となります。

アディッシュプラスは今まで培ってきたカスタマーサポートのノウハウとMaaS実証実験の実績を元に、来るモビリティ社会に還元するため、MaaSサポートサービスを提供しています。

 
 


アディッシュプラスはMaaS領域で発生するユーザーへのサポート業務を
設計から運用まで支援・代行します。

MaaSサポートについてご不明な点などございましたら、
→こちらよりお問い合わせ下さい。


 
 

  • TOP
  • ブログ
  • 交通手段を変えるMaaS(マース)とは?